2017年01月16日

五十肩治療は本当に効くのか

慢性期は鈍い痛みを感じますが、急性期と違って痛みもある程度落ち着いてくる時期なので、五十肩治療としては、無理しない程度の適度の運動が良いでしょう。
急性期の場合、痛みが一番強い時期で、約1ヶ月から2ヵ月くらい続くので、五十肩治療としては、何より安静が第一です。
そのため、この時期に、無理に動かしたり、重たいものを持つのは痛みを増すことになるので、五十肩治療には、安静が一番なのです。
そして、この時期の五十肩治療として、薬を飲むなら、非ステロイド性消炎鎮痛剤が効果的です。
そして、五十肩治療に効果のある湿布などの外用薬でも、五十肩の痛みを和らげることができます。
そして、慢性期の五十肩治療としては、肩を温めることが大切で、肩までゆっくり入浴したり、カイロなどで温めるようにすれば、痛みが和らぎます。
ツボなら費用をかけずに自宅で簡単にできるので、五十肩治療としては、とても便利と言えます。
そして、五十肩治療では、ツボが効果的で、これは、大転子という骨盤の横のツボを押すと肩がスムーズに動くようになって、痛みが和らぐと言われています。
左肩が痛い時は、右の大転子、右肩が痛い時は、左の大転子という具合に痛みのある反対側を押すのが五十肩治療のツボ療法のポイントになります。
炎症が強く痛みも強い急性期と、激しい痛みはないものの鈍痛は残っている慢性期では、五十肩治療の治療は大きく変わってきます。
いずれにせよ、五十肩治療は、自己判断をしないで、医師の診断をしっかりと受けることが大切です。
五十肩の痛みは、痛み止めの内服薬はあまり効果がなく、湿布や肩のブロック注射もほとんど効果がないので、適切な五十肩治療が必要になります。
五十肩の痛みのために肩関節を動かさないようにすると、肩関節が全く動かない状態になるので、正しい知識と五十肩治療で、痛みに対処していく必要があります。
そして、慢性期から3ヶ月から半年くらいすると回復期に入るので、この時期に五十肩治療をすれば、痛みはほとんどなくなり、肩の重さやだるさも解消されます。
posted by トリトン at 17:52| Comment(0) | 五十肩治療で痛みを軽減 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。