2017年01月10日

運動で行う五十肩治療

五十肩治療と言うのは、色々な方法がありますが、まず簡単なものとして、肩の治療を目的とした運動があります。
この運動は、机のような安定したものに、片方の手でつかまり、五十肩になってしまった方の手で、円を描くように行う五十肩治療になります。
痛みを感じる直前まで伸ばし、5秒間くらいその体勢を維持すれば、五十肩治療のためのストレッチは功を奏します。
五十肩治療の運動は、障害が出やすくなる中高年ほど、しっかりとやっていく必要があります。
この運動は、仰向けの状態になり、五十肩になった腕を片方の手で支えながら、頭上まで伸ばしていくという五十肩治療です。
また、背中洗い運動という、五十肩治療の運動があり、これは、長い布を使い、悪い方の手ができるだけ背中の上まで来るように引き上げていく運動です。
ただ、五十肩治療の運動としてストレッチをする場合は、ゆっくりと筋肉を伸ばしていくことを心がけなければなりません。
五十肩治療の運動は、どの方法も続けて10回1セットとして、1日3セット行うと良いでしょう。
毎日五十肩治療の運動を続けていけば、やがて痛みがとれて、動きもよくなってくるでしょう。
この運動は、準備体操代わりにもなるので、五十肩治療の運動としては、簡単でとても効果的です。
五十肩治療の運動は、五十肩にならないための運動なら、軽いものも良く、どんなものでも良いのです。
また、五十肩治療の運動として、ストレッチは、筋肉をほぐし、身体の柔軟性を高める効果があるので、おすすめです。
そして、五十肩治療の運動としておすすめなものに、挙上運動というものがあります。
五十肩の予防、治療、再発防止のためには、五十肩治療の運動であるストレッチを日常的に行っていくことです。
五十肩治療の運動で、ストレッチは、脳と神経を刺激し、老化防止の効果があるので、強く推奨されています。
posted by トリトン at 17:59| Comment(0) | 五十肩治療で痛みを軽減 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。