2017年01月12日

五十肩治療に効果的な薬

ヒアルロン酸も、保水力のある成分が沢山入っているので、五十肩治療の薬として、おすすめできます。
しかし、日本では五十肩治療の薬は、ちゃんとまだ認可されていなく、持続的な使用が必要なので、あまりおすすめはできません。
しかし、五十肩治療の薬は、副作用の心配があるので、急性期に限っての使用が望ましいと言われています。
コンドロイチンは、関節の軟骨がすり減るのを予防したり、回復させる働きがあるので、五十肩治療の薬として効果があります。
漢方薬は、痛みに対して直接効果をもたらすものではありませんが、身体の自然治癒力を高める効果があるので、長い目で見れば五十肩治療として有効なのです。
漢方は、副作用の心配があまりないので、五十肩治療の薬としては、安心できると言えます。
それ以外では、筋肉のこわばった緊張を和らげるために、五十肩治療として、筋肉弛緩剤や末梢改善剤などの薬を使用します。五十肩治療では、残念ながら、完全に治せる薬というものは、まだ存在しません。
五十肩治療には、ビタミンやカルシウムなどの、食事では充分に摂れない栄養素をサプリメントとして摂取するのも効果的です。
そして、肩だけでなく、老化や腰痛、関節炎にも効くとのがコンドロイチン硫酸で、五十肩治療の薬としても効果があると言われています。
一般的に、五十肩治療で使用される薬というのは、鎮痛消炎剤やステロイド、筋肉を柔らかくする薬などがよく使われます。
五十肩治療の薬で比較的良く効くとされているのが、副腎皮質ステロイドホルモンです。
そして、薬ではないのですが、五十肩治療として有効なサプリメントも最近ではよく出ています。
ただ、五十肩治療の薬として、これをあまりに多く服用すると、胃潰瘍などを併発し、腎障害や肝臓障害を起こすこともあるので、十分に注意しなければなりません。
そのため、もし、五十肩の人から進められたとしても、五十肩治療の薬として、安易に服用してはいけません。
posted by トリトン at 17:57| Comment(0) | 五十肩治療で痛みを軽減 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。